ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

天気が急変する。

天気予報を見た。
それによると東京はこれから大雨が降るという。
ほんとかな・・・?
近頃、ぽり雄は天気予報をまったく信じないでいる。
まもなく天気が崩れるという予報を信じたために、仕事場には置き傘が何本たまってしまっていることか。
傘1本といえど余分に持っていくのは、通勤ランニングを行う ぽり雄にとって、結構負担な事なのだ。

案の定、その後は雨が降るどころか晴れてきた。
これなら大丈夫。
帰りの帰宅ランニングは傘を持たず、普通に走ることにした。

ところが・・・
「ゴロゴロゴロ・・・」。出てしばらく、遠くで雷が聞こえる。

げ。まさか!?
空を見上げるが、雲は多めだが辺りは晴れ間さえ見える状態。
さっきの音は気のせいかな?

しかし、1回、2回と続けざまに雷の音が聞こえるに至り、ぽり雄は実感する。
雷雲が近づいていることを!

西の空を見ると、暗い雲がみるみる近づき、時折フラッシュをたいたように稲光が見える。
この時点で家への道のりはまだ半分もいっていない。

ぽり雄は雷にビクつきながらも、走るスピードを上げることにした。
しかし、そんな ぽり雄をあざ笑うかのように、パラパラと雨が降り出す。

ええっ!?もう降るの?
なま暖かい空気・・・辺りは確実に暗くなってきている。
嫌な予感・・・予感がするぞ!

その後、ぽり雄は人目もはばからず全力で走った。
本降りになるかどうかも分からないのに、途中立ち止まろうかとも思ったが、とにかく走った。
考えてみれば、全力で走るなんていつ以来だろう・・・いつか、遅刻しそうになった時以来かもしれない。

しばらくして頑張った甲斐があり、なんとか無事に家にたどり着くことができた。
しかし、その3分後・・・外はスコールのような大雨が降りだす。
窓の外では、突然の大雨で逃げまどう人がたくさん見える。

予感的中。危なかった・・・本当に。
これから、天気予報はもっと信じてあげてもいいかもしれない。
[PR]
by porio25 | 2006-05-30 19:48