ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

シューズに穴があく

ぽり雄には少しばかり前から気にはなっていることがあった。
普段履く黒いランニングシューズの上側・・・主に親指の当たる部分の生地が徐々に薄くなってきているのだ。

そしてこの前、白い靴下を履いているときに気付いてしまった。
ぽっかりと完全に穴が開いてしまったことに。

あぁ、開通・・・。
あまり嬉しくない開通だが仕方がない。

新たに買うか、繕うか・・・

思えばランニングシューズを駄目にしたのはこれで二足目だ。
以前は江戸川土手を走っているときにシューズの底が抜けるという、ダイナミックな開通を経験した。
その時、帰りの五キロほどは、抜けた底の部分をほどいたシューズの紐で足ごとグルグル巻きに縛り付け凌いだものだ。

それに比べれば今回はかわいいものだが、気付いたことが一つある。

どうやら ぽり雄が履くシューズの寿命は1年ほどらしい。

普通、こんなものなのだろうか
[PR]
by porio25 | 2006-06-16 23:14