ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

変な音に悩まされる。

朝の通勤ランニングでのこと。
ぽり雄はこれまでたびたび、リュックの中から聞こえてくる異音に悩まされてきた。
ガムが鳴ったりチョコが鳴ったり・・・考えてみれば、リュックに余計な物を入れなければ何の心配もないのだが、お菓子大好きなぽり雄にとって、これらは無くてはならない物なのだ。

そのため普段から、走っても極力音がでないように気を遣っているはずだったのだが・・・

「ぷっぷっぷっ」

何か音が聞こえてきた。

何だこの音は?
音の大きさはさほどでもない。しかし、今回気になったのはその音色。
まるでオナラの音みたいな・・・ちょっと聞き捨てならない音なのだ。

人目を浴びながら走るのには慣れたが、おならの音を鳴らしながら走るのはまだ慣れていない。

ぽり雄にもまだ、羞恥心のひとカケラくらいは残されているのだ。

しかし、今日はお菓子を中に入れていないのになぜ?
不思議に思いながらも立ち止まり、何が鳴っているのか確認してみた。

・・・プラスチック製のお弁当箱が二つある。

冷蔵庫から出したばかりのお弁当箱。
走っているうちに湿気を含み、その状態でいい按配に擦れると なんとも可愛らしい音が出るらしい。

これは盲点。

前のブログにもかいたが、そもそも夏の通勤ランは荷物が少なくなり、リュックの中に余裕が出来るため中身が暴れ、音が鳴りやすい。

新しい通勤リュック・・・なんだか欲しくなってきた。
[PR]
by porio25 | 2006-08-10 19:58