ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

小雨日和

朝の身仕度に手間取ったぽり雄は、家を慌てて飛び出した。

空を見れば鉛色。

あぁ、そういえば今日は天気予報を見なかったなぁ・・・これから降るのかな。

自分的に、雨の中にまで通勤ランをするのは非常に厳しい。

今日は走るのをやめとくか!?

しかし、ぽり雄は止まらなかった。

ちゃっちゃと走ればきっと大丈夫!

この根拠のない甘い判断。過去何度か失敗を繰り返してきたのだが、ぽり雄は何とも懲りない男なのだ・・・。


案の定、走り始めてしばらく後、小雨がぱらつきはじめた。

やばい、スピードアップだ!
周りの人達も先を急ぎ始めた。

いつもぽり雄と同じスピードで走って、微妙な空間を醸し出している自転車もさっさと先に行ってしまう。

乗せてけ~

心の中で念じながら追いすがるが、本気の自転車相手に追い付くわけもない。

そして先程追い抜いた、列を作って登校している小学生が騒ぎ出した。

雨だ雨だ、大雨だぁ~。

マジかい?

空を見ると本当に大粒の雨が降り出した。

これはシャレにならん!

だあーっしゅ!

慌てて仕事場に駆け込むぽり雄。

・・・あぶなかった。

遠くからは、雨に逃げ遅れた人達の悲鳴が聞こえる。


何度もいらない苦労を背負いこむ、このお気楽で懲りない性格。
なんとか直せないものか。
いつも思うのだけど、しばらくすると忘れるんだよね・・・いつも。
[PR]
by porio25 | 2006-09-01 21:09