ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

つくばマラソン(前編)

あぁ、やっとゴールのアーチが見えてきた。
ぽり雄は朦朧としながらも、一歩一歩、確実に陸上競技場のトラックを踏みしめる。

あと、10m・・・5m・・・。終わったぁ~!

ゴールする瞬間、ぽり雄の頭に浮かぶ気持ち。
それは決まって、「やっと苦しみから解放される」というもの。

た、タイムは?
急いで腕時計のタイマーを止める。
3時間31分・・・

・・・やった、去年より30分もタイムが良くなったぞ

先ほどまでの気分はガラリと変わり、たちまち ぽり雄の気持ちは、充実感やら満足感・・・いろんな気持ちでいっぱいになった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大会当日、ぽり雄は予定より早く目覚め、外を眺めた。

・・・よし、降ってない

天気予報では、雨はいつ降ってもおかしくないようなことを報じていたが、どうやら天気は持ちこたえてくれたようだ。

外は少々肌寒かったが、雲の合間には僅かだが日の光が垣間見える。

これはある意味、絶好のマラソン日和だ。

よし、行くか!

ぽり雄は身支度を済ませ、早めに会場に向かうことにした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


つくば大学・・・ここに来るのは一年ぶりだ。
大学構内は緑が多く、敷地も相当広い。
陸上競技場も管理されており、今回のつくばマラソンはそこがゴール地点とされていた。


去年のつくばマラソン・・・その大会は、ぽり雄のフルマラソンのデビュー戦だった。
相当に苦しい思いをした初フルマラソン・・・

あれから1年、今年はどんな走りができるのだろう。
完走はできるのだろうか!?

期待と不安が入り混じりつつ、ぽり雄はランニングウェアに着替え始めた。

スタートまで、あと1時間!



おわび:
少々時間がとれない状態が続いており、日記が細切れになっています。ご容赦くださいませ・・・。
[PR]
by porio25 | 2006-11-27 22:56