ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

青梅マラソン完走記(後編)

折り返してから先はもと来た道を戻ることになる
さっきまでは川を見ながら走っていたが、今度は山の斜面を見ながら走る。
f0055614_9361396.jpg


21kmを過ぎたあたりのこと。
登りの斜面がやや急になってきた
ちょうど疲れが溜まってきたところでのこの坂道。
歩く人が続出する

でも、昨日走ったトレイルの斜面に比べれば・・・なんてことを考えると、さほど苦には感じない。
ぽり雄も精神的に強くなったものだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

青梅マラソンでは大会側で用意されたエイドステーションで水などを配給しているが、それ以上に沿道の応援の人からの差し入れが多い
ズラリと並ぶ、差し入れの人達。
f0055614_9362673.jpg


飴やチョコや、レモンなど・・・。
なんてありがたいことだろう

やがて、行きの時に綺麗なお姉さんにハイタッチしてもらった太鼓の応援団のところにさしかかる。
f0055614_9363692.jpg


さっきとはコスチュームが違うようだが、この方達はずっと太鼓をたたいてくれているのだろうか・・・。
これは走るより大変な事だと思う

そして驚くことに、その太鼓の前ではヤクルトが配られていた
なんて太っ腹!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

沿道に家が多くなり、だんだんと街に近付いてきた。
にこやかなお姉さんが「写真撮影ポイント」の看板を掲げている。
そしてその後ろにはカメラマン。
f0055614_9364792.jpg


大会の様子を撮影し、その画像をインターネット販売しているALL SPORTS。
自分が写されていないか いつも楽しみにして見ているのだが、これまでいい写真を撮ってもらった例がない。

今回は逆にカメラマンの姿を撮影してみた
どうだ、まいったか
(あとで検索してみたら、このカメラマン。今回に限って ぽり雄を中心に撮影してくれていたらしい。ネットにはデジカメを構える怪しい男の姿が掲載されていた・・・。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

市内の奥に入り、いよいよ大詰め。
沿道では応援の人が列をなし、出迎えてくれる
その中には遠くから応援に駆けつけてくれた、ケロヨンさんの姿も見つけられた。

シメに、沿道にいたアンパンマンとハイタッチ!ゴールを目指す。
f0055614_9365874.jpg



遠くに見えるゴールの旗。
f0055614_937627.jpg


ゴールを撮影しようとしたらつまづいた。
「あぶない!」
沿道から悲鳴があがる。
驚かせてごめんなさい・・・走りながらの撮影は注意が必要だ

そしてついにゴール!
どうしたことか、ストップウォッチを止め忘れ、正確な時間は分からないのだが、おそらく2時間55分くらい。
キロ6分という当初の目標は達成することができたようだ。
足のダメージも思ったほどではない

ゴール後、完走証をもらう。
f0055614_9371664.jpg


これって、自分で名前を書き入れるのだろうか?

う~ん、シンプル。(^_^;)

でもこの大会。コースの景色の素晴らしさはもとより、町が一体となって大会を盛り上げていこうという気運が感じられた
間違いなく、お勧めの大会と言うことができる

応援してくれた皆様~・・・ありがとうございます!



 ブログランキング参加中。さて、現在何位になっているでしょう♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
[PR]
by porio25 | 2007-02-12 09:44