ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

恥の基準

はずかしいものの基準・・・。
その杓子定規は人それぞれ。

ぽり雄は、前の日記に「家族の応援が照れくさい」と書いたが、それもしかり。
そして・・・少し前のことだが、そのことについて考えさせられる出来事があったのを思い出した。

それは残業後、夜の帰宅ランニングをしているときのこと。


ぽり雄は前方から点滅して光る何かが近付いてくるのに気付いた


自転車かな?

ぽり雄は走るスピードを落とし、すれ違いに備える。


やがて だいぶ近付いて、その正体が分かった。

ランナーだ。

その人は、なにやら頭のてっぺんを チカチカ光らせながら、猛スピードですれ違っていった・・・。



以前、ぽり雄は夜間走るときの安全対策として、いろいろなライトを探し歩いたことがあった。

過去ブログ、「それはまるで、宇宙人。
過去ブログ、「LEDライトを購入する。」参照

そんな中、ちょっとだけ悩んだあのグッズ

f0055614_19151010.jpg

(これを頭に被れば凄く目立って、夜も安心♪)

・・・少しタイプは違うとはいえ、実際に頭を光らせて走る人がいるとは思わなかった。

確かに、頭に付ければ前方後方を同時に照らすことが出来、実に効率的。


当時、さすがの ぽり雄も あれを付ける気にはなれなかったが・・・どうしたことだろう・・・ぽり雄は思ってしまった。

あの人・・・かっこいいじゃん。」・・・と。



思えば、走り始めた当初は「人前で走る」という行為自体を恥ずかしく感じていた

それが今はどうだろう・・・?

荷物を背負って「通勤ランニング」・・・などと、人より目立つことをしていても一向に気にならない。

要は、堂々としていれば、それなりに立派に見えるということか・・・。

ぽり雄もまだまだである。



 ブログランキング参加中。さて、現在何位になっているでしょう♪
にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ
[PR]
by porio25 | 2007-04-12 01:04