ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

柴又ロードレースに出場する

朝起きて、真っ先にカーテンを開け、空を見上げてみた。
・・・晴れ。

絶好のマラソン日よりだ。
今日は柴又ロードレース出場の日

一年前、近くの江戸川河川敷で弟とサッカーの練習をしていると、大勢の走る集団に遭遇した。それが最初に見た柴又ロードレース
当時はまだマラソン大会に出るなんて思いもよらず、ただ憧れの眼差しを送るだけだった。

一年を経て、ついに自分自身がこの大会に出場するのだ
これは気合を入れないわけにはいかない。特に前日の日記にも書いたけど、ここはぽり雄のホームコース・・・なおさらだ。

会場は寅さん記念センターの近く。自宅のすぐ近くだ。
早々と会場入りし、受付を済ませる。
周りを見るとお年寄りから若者まで、様々な人が集まっている。
普段夜に江戸川を走っているとそう多くの人には出会わないが、これだけ多くの仲間がいるのかと思うと嬉しくなってしまった

そういえばいつも夜、土手ですれ違うおじさん。
他にも誰か知っている人は出場していないかなぁと周りを見渡すが・・・うーん、分からん。(^_^;)
考えてみればぽり雄は人の顔を覚えるのが大の苦手。それも面識は夜にすれ違うだけだとなると、とても確信が持てるまでいかない。

さて、気を取り直してパンフレットを確認すると、スタートの時刻は年代別に分かれていてぽり雄がスタートするのはまだ随分先だということに気がついた。
寒いのでスタートまで自宅に戻り、休むことにした
他の大会では考えられないジモピーの特権!

とりあえず部屋でシャツにゼッケンつけて、お茶飲んでテレビ見て・・・あれ?ちょっとゆっくりしすぎたかも!?これはジモピーだけにしかありえない罠
あわてて会場に向かうが、もう皆はスタートラインについている。
訳の分からないうちにスタート!

この大会は、寅さん記念センター前から上流の葛飾橋までの間、江戸川土手沿いの片道2.5キロを2往復するコースがとられている。
今回は、向かい風になる葛飾橋までの区間を力強く走り、折り返し後は風に押されるようにゆっくり走ろうかと考えていた。

しばらく走り、ちょっと気付くことがあった。周りの人をなかなか抜かせない・・・。前に出場した手賀沼のときも、つくばのときもスタートしてしばらくは追い越し、追い越され中盤くらいでペースの合う人と並んで走るようになったけど、この大会では始めからその状態になっているような・・・

もしかして、この大会はレベルが高いのか!?
序盤からペースを上げているつもりだったので、少々焦りを感じる。
マイペースで走るつもりだったけど、ビリはやだなぁ・・・

そうこう考えているうちにもう折り返しの走者とすれ違った。早い早い。
きっとこういう人たちは走っていると周りの景色も違って見えるのだろうな・・・などと羨ましさを感じる。
でもあのレベルまで到達するにはよほど練習しないとダメだろうし、苦しさを克服する精神力も必要になるのだろう。
どんな走りをしているのか参考にさせてもらおうと「じい~っ」と見てみたが、目が合ってしまいあわてて顔をそむける。あやしいものではないのでゆるしてくだされ(^_^;)

ここでもう少しペースを上げてみようかという誘惑にかられる。
しかし今までの経験だと、無理すると決まって膝を故障するのだ
原因はきっと走りこみ不足とランニングフォームが悪いこと。
通勤ランを始めた理由の一つにはこういった問題を克服できるのではないかと期待したところもある。
今は我慢、我慢・・・」自分に言い聞かすことにした。ここで怪我をしては明日から走れなくなってしまう。

さて、最初の折り返しを通過した
自分の順位は真ん中よりやや後ろといったところだろうか。
そういえば今までの出場した大会では折り返しがなかったため、走っている途中で自分の位置が分かったことなどはなかった。
そしてこうやって後ろを振り返って他のランナーの顔を見たのも初めてだ。みんながんばっている・・・そう思うと不思議と力が湧いてくる

周りのランナーを見ながら、そして景色を見ながら走っているとあっという間にレースも終盤に入る。10kmなんてあっという間。ちょっと寂しい。
このころになると集団もバラけ、何人かのペースの合う人達と平走していた。
やっぱり一緒に走る人がいると楽しい
この人達は普段同じ江戸川を走っているランナーなのだろうか?不思議な連帯感を感じてしまう。

そしてついにゴール!
総じて言えば、天気もよく楽しめた大会だった。そしてこんなにも多くの人が江戸川に走りに来るなんて感動することができた。
ひとりじゃないんだぁ~。(いつもひとりで走る真夜中ランナーなものでこのことになると感傷的になってしまう。)
そしてなにより、レースが終わってすぐに自宅の風呂に入れる最高の贅沢・・・柴又ロードレース最高!
[PR]
by porio25 | 2006-01-08 00:18