ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

ガムが鳴る

今日もいつもどおりに朝、家を出て走りだした。
しかし、走っていると徐々にリュックの中で何か音が鳴り出す
「ゴッゴッゴ・・・」
何の音かはなんとなく想像がついた。いつもリュックに入れないでいて今日たまたま中に入れたもの。
お菓子だ・・・たしか、「こんにゃくゼリー」を入れたはず・・・
実は仕事で小腹がすいたとき たまにお菓子に手をつけるのだが、安売り店で仕入れたものを大量に仕事場に持ち込むことがあるのだ。

この程度の音なら大丈夫かな・・・となお走り続ける。
「ジャラン!ガラン!ジャラン!」
急に音が大きくなった。これではすれ違う人が皆、こちらを向いてしまう

たまらず立ち止まりリュックの中を空けてみる。
「こんな音をする物 入れたかな?」
・・・これだ。出てきたのはプラスチックケースに入った粒ガム100個パック。そういえばこんなのも買ったっけ。
しかし、はたと困ってしまった。これを鳴らさずに走るにはどうしたらよいのだろう?
まだ家にいる時なら対処のしようがある。しかしここは天下の公道。あたりには店もなにもない。

考えたあげく、結局ガムの容器は手に持って走ることにした
しかし、早朝からガムの詰め合わせを手に握り締め一心不乱に走る男・・・客観的に考えるとかなりあやしかったかもしれない。
[PR]
by porio25 | 2006-01-19 00:46