ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

遅刻の危機!

今日の朝、通勤ランニングでえらい目にあった。
ことの発端は朝、朝食をとろうと冷蔵庫を開けた時から始まる。

食い物がない・・・
これは困った。ぽり雄は朝ごはんを食べないと気が済まない人なのだ。

・・・久しぶりに外に食べに行くかぁ
ぽり雄の頭の中に浮かんだのは、自宅から駅を挟んで反対方面にある定食屋の看板メニュー「納豆定食」。
自宅から定食屋まで走って往復8分、食べるの5分。仕事にもなんとか間に合うぞ。

しかしこの判断が甘かったのだ。店に入り、客の多さに驚く。
やな予感はしたが、ここまで走ってきた苦労を考えると注文せずにいられなかった。
1分・・・2分経ち、5分を経過しても納豆定食は出てこない。

「お待たせしました~」
・・・待たせすぎー!とは言わなかったが、あわててご飯を口の中にかきこむ。いつもなら注文して10秒しないうちに出てくるのだが、まったくもって想定外だ。
味も分からぬまま大急ぎでたいらげ、店を飛び出した

ここから仕事場まで約5キロ。このタイムロスを埋めるには1キロ1分タイムを縮めればいい・・・いつもゆっくり走ってるし、まだいけるはず!

しかし、ここでもう一つの誤算が。
荷物が超重いのだ。週末の衣替え用の制服・・・今日に限って何で持ってるかなぁ~・・・かなり後悔する。いつもならなんでもないスピード。しかし、瞬く間に疲れがたまり、足の筋肉が悲鳴を上げ始めた。

つらそうに走っている時、マラソン大会なら沿道の人たちに声援を送ってもらえる。しかし、今浴びているのは周りの人の冷ややかな視線だけ
なんか、恥ずかしいぞー。

汗びっしょりになりながらも、がんばった甲斐あって仕事には間に合うことができた。
しかし、日常では何気に過ごしてしまいそうな僅かな時間でも、走るスピードで取り戻そうとするのは大変なことだということが分かった。
次回からはもっと余裕を持って家を出よう・・・
[PR]
by porio25 | 2006-02-03 11:01