ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

チューブで補給

これは、主に夏場に言えることなのだが通勤ランニングをすると、無性にのどが渇くことがある

み、水~。

リュックを背負い、水分を求めるその姿は、ハタから見て遭難者のようにも見えるだろう

そしてなにより脱水状態で走るのは、出来れば避けたいこと。


これまで、ぽり雄は街のコンビニや自動販売機の位置を把握し、そこを通勤ランのルートに取り入れたり、ペットボトルを手に持って走ってみたり試行錯誤を重ねてきた。

一度だけ、トレイルランに使うハイドレーションシステムを通勤ランで試してみたことがある
ハイドレーションシステムとは、リュックの中に入れたパックやボトル等から口元までチューブを引き出し、走りながらでも水分を補給出来るようにした便利なグッズ。
f0055614_20113751.jpg

よし、ここいらで水を飲むか!

通行人が見守る中、口にチューブをくわえてみる ぽり雄。



・・・が、何故かとたんに集中する視線。



む、なんか 気恥ずかしいぞ・・・。

とても便利なのだが、街中を走る装備にしては大袈裟すぎるような気がして、やめてしまった。


               (戻る)

ブログランキング参加中。
ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです♪
[PR]
by porio25 | 2008-01-16 20:12