ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

東京マラソン完走記(1)

だだだだだっ!

f0055614_21453390.jpg


当日の朝・・・青空のもと、ぽり雄は自宅から駅へ向かう途中で見知らぬ男と競争を繰り広げていた

ムム・・・こんな朝早くから勝負を挑んで来るとは、何奴じゃ!?


しかし東京マラソン会場へ向かう電車の発車時刻は近付いている。

ぽり雄は走るスピードを上げ、改札に飛び込んだ。


よぉ~し、間に合ったぞ!

ぽり雄が電車に駆け込むと、しばらくしてさっきの男も追いついてきた。

その男・・・よく見ると「東京マラソン」と書かれた袋を持っている

なんだ、あなたもそうだったのですね(^_^;)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

周りをよく見ると、乗客の殆どは ぽり雄と同じようにランニングシューズを履いている。

あの若者も・・・この女の子も・・・もしかして みんな出場者なのか!?

この人は違うだろうと思った背広を着た男性は、よく見ると東京マラソン関連の資料を読んでいた。

祭りだ・・・これから祭りが始まるのだ!

ぽり雄の胸は高まった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

思えば一年前・・・第一回東京マラソンが開かれた当日、抽選に外れた ぽり雄は、雨が降りしきる中 せめて応援だけでもしに行こうと同じ電車に乗り、会場に向かっていた
当時はまさか、自分自身が東京マラソンに参加できるような・・・こんな日がすぐに訪れるとは夢にも思っていなかった。

悔いのないように、今日の事を心に刻みながら走ろう・・・。

窓から射し込む陽ざしに目を細めながら、ぽり雄は思った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新宿駅を降りると、そこは既に多くのランナーで溢れ返り、会場まで歩く 長い列が出来上がっていた

f0055614_21454944.jpg


ぽり雄が自宅を出て、競争を繰り広げた人を皮切りに、電車などでもひとり・・・またひとりとランナーが合流していき、ついにこれだけ多くの人数が集まった

ぽり雄は嬉しくて仕方がなかった。
なにしろ志を同じくする仲間がこんなに沢山いるのだから。



・・・・(続く)


ブログランキング参加中。
ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです♪

皆様の暖かい応援のおかげで、ぽり雄は苦しみながらも東京マラソンを完走することができました!
ありがとうございます。
時間に制約があるため、またしても細切れの完走記になってしまいそうですが・・・最後まで書きますので、よろしければご覧くださいませ。
[PR]
by porio25 | 2008-02-18 21:59