ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

親の気持ち

ぽり雄が通勤ランニングをしているとき、毎朝のように同じ場所ですれ違う小学生がいた


多くの小学生が集団登校をしているなか、その男の子は何故かいつもひとりで歩いている。


私立の学校にでも通っているのかな・・・。


気にはなっていたのだが特に話しかけることもなく、日々は過ぎていった。



1年経ち・・・2年も過ぎると、その子供は背丈も伸び、顔つきも大人びてきた


子供の成長にはいつも驚かされる。


知らない子ではあるけれど・・・いつしか ぽり雄は その子の成長する様を見るのが楽しみになっていた

f0055614_1781580.jpg

そして、4月となった今・・・。



通勤ランニングでその場所を通っても、その子に会うことはなくなった。

おそらくは小学校を無事卒業したのだろう。

ぽり雄は、子供が大きくなり手元から離れていく親のような気持ちになっている・・・知らない子なんだけどね。

ブログランキング参加中。
ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです♪
[PR]
by porio25 | 2008-04-19 10:27