ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

チャレンジ富士五湖完走記2

ウルトラマラソン。

このような過酷なレースに参加する人達は、はたして何を思い挑もうとしているのだろう



早朝4:00・・・
強者達はスタート地点である富士北麓公園に集まってきた。

会場に向かう暗い階段をランナー達はゆっくりと上っていき、光の中に吸い込まれていく・・・。
f0055614_113053.jpg

あの先には、いまだ ぽり雄が知らない世界があるのだ・・・

4:30・・・
112kmの部、スタート。
f0055614_1133310.jpg

ぽり雄が参加する100kmコースよりも長い、112kmを走るランナーのスタートが切られる。
皆、気合が十分だ・・・。

4:55・・・
緊張感を胸に、ぽり雄はスタート地点へ。
f0055614_1141516.jpg

不思議な感じだ・・・こんなに朝早くから一日を通して走ろうとしてるなんて。
まるで夢でも見ているような・・・妙な感覚が ぽり雄を包んだ。
しかし周りのランナーの決意をこめた表情を見ているうちに、ぽり雄の中に現実感が高まってくる

そうなのだ。
ウルトラマラソン・・・今まで ぽり雄が経験したことのない過酷なレースが間もなく始まるのだ

いけるのか!?・・・本当に走りきれるのか!?

これまで続けて走ったのは最長50km・・・でも今回はその倍。
これまで連続で走ったのは最長6時間・・・でも今回はその倍。

フルマラソンの後は、しばらく立てなくなるほどのダメージを負う ぽり雄。
しかし今回は42kmを走ってなお、全体の半分も距離を走っていないことになる。

しかも今、ぽり雄は腰に爆弾を抱えているのだ・・・

大きな不安感。

走る前から、ぽり雄はそんな気持ちと戦っていた。


そして午前5:00・・・

気持ちの整理がつかないうちに、ついにスタートが切られた!

まずは走るしかない!・・・前へ、前へ。


弱い雨・・・濡れた路面。
そしてまだ薄暗い中・・・道端には照明が、点々と輝いて見える。
f0055614_116153.jpg

あぁ・・・何だかまだ夢を見ているみたいだ。


・・・。


・・・。


大丈夫。
腰の痛みもない・・・足もいつもどおり動いている・・・。

走りながら体の中のひとつひとつのパーツを確認し、ここにきて ぽり雄の冷静さが戻ってきた

・・・よし!


勇気。

腰を痛めてからここしばらく忘れかけていた、一番大切な気持ちをやっと思い出した
ぽり雄は今まで、気持で負けていた・・・。

これから先どうなるかは分からない・・・でも、ぽり雄は先にある世界を見てみたい!

だから・・・走ろう!

その世界は、このコースのようにまだ白い靄に包まれて見えないけれど・・・きっと素晴らしい感動を与えてくれるに違いないと思った
f0055614_1175093.jpg

ぽり雄は最初の湖である山中湖へ向け、富士のすそ野を駆け下りていった。

(続く)

ブログランキング参加中。
ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです♪
[PR]
by porio25 | 2008-05-03 11:11