ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

チャレンジ富士五湖完走記4

40kmを過ぎ・・・

河口湖湖畔の素晴らしい景色に助けられながらも、ぽり雄は着実に中間地点へ近付きつつあった
f0055614_07568.jpg

しかし・・・

にょえ~っ!?

思わず奇声を発した ぽり雄の目前には、急な坂が行く手を阻んでいた。
f0055614_072948.jpg

(写真だと勾配がさほど感じられないが、実際見たときの衝撃度たるや・・・)

しかもこの坂は意地の悪いことに後半になるほど勾配が増していくのだ

はじめ、走って上ろうかと努力してみるものの・・・坂に押し戻され、その場でピョンピョンと足踏みをする形になる珍現象が発生し、ぽり雄は走るのを断念する。

前へ進むための筋力の喪失・・・50kmという距離は確実に ぽり雄の体を蝕んでいたようだ。

仕方がないので、歩いて坂を上る ぽり雄。

途中、トイレなんかにも寄ったりして・・・ゆっくり上る。

辛抱・・・辛抱・・・。

自分に言い聞かせながら坂を上りきり、50kmの関門を兼ねたエイドステーションにたどり着いたときには、ぽり雄のなかに様々な感情がわき起こった。

よし!中間地点まできたぞ。
まだ半分しかきてないの?
これから先が、勝負だぞ!
最後まで脚がもつかな・・・。


前向きな感情と後ろ向きな感情が交錯するなか、ぽり雄は気合いを入れ直してエイドを後にした。

しかし、すぐ目前に見えるのは気力を根こそぎ奪い去るような上り坂・・・。
f0055614_075618.jpg

50km~・・・

はぁはぁ・・・。

息を切らせながらも やっとたどり着いた、3番目の湖・西湖。
f0055614_08231.jpg

河口湖同様、この湖もまた美しい・・・

しかし、ぽり雄のなかには前回のような感動は沸かなかった。

体が動かない・・・頭がぼーっとして視野が狭く感じる。

後で気付いたことだが、この辺りは所々に桜も咲き、眺めは最高に良かったらしい。

しかし、そんな桜にも気付かないくらいに ぽり雄は憔悴しきっていた

その原因はおそらく・・・エネルギー切れ

マラソンを走るとき、万一のときのために ぽり雄はパワージェルを持って走るのだが、今回に限って忘れてしまっていた。

代わりに忘れずに持ったデジカメが妙に重く感じられてくる。
・・・そういえば聞いたことがある。
ウルトラマラソンで体が動かなくなったランナーが、持っていた500円玉ですら重さを感じ、その場に捨てようと思ったという話を・・・。

ウルトラ初挑戦の ぽり雄がデジカメを持って走るなんて・・・考えが甘かったのではないか!?
ムクムクと後悔の念が頭をもたげる。

ゴォーーーッ!

視線は落ち、前を走るランナーの足元だけを見て走っていた ぽり雄に、向かい風の強風が吹き付ける。

湖畔のコースは隣接した山に沿って曲がりくねっているのだが、曲がる角度によっては山肌をつたう風が正面から吹きつけてくるのだ。

これは・・・無理かも。

弱気になった ぽり雄は歩くことが多くなった。


60km~・・・

西湖を過ぎ次の精進湖へ向かう途中、ぽり雄に天から助けが差しのべられた。

それは、エイドステーションで振る舞われた うどん

疲れた体に うどんが染み渡る(!?)のが感じられる。

うどんって、こんなに美味しかったっけ?

感激しつつ もう一杯お代わりしていると、ぼーっとしていた頭が冴えてくるのが感じられた。

これならまだいけるかも。

ここにきてまだ体力が回復できるなんて・・・

ぽり雄は60km以上を走って改めて気付かされた・・・補給の大切さを。


うどんパワーは凄まじく、それまで止まりかけていた 脚は復活し、ゆっくりながらも再び ぽり雄は走り出した

これは樹海大橋から眺めた絶景。
f0055614_085850.jpg

とんでもなく長くて高い橋を渡れば、いよいよ最後の湖、精進湖だ。
f0055614_092419.jpg

この湖もまた青くて美しい。
本当にこの大会は、景色を楽しませてくれる大会だと実感した。

これまで ぽり雄は、この景色にどれだけ助けられたことだろう・・・。

そして、またしても見えてきた「エイドまで1km」の看板。
f0055614_095584.jpg

5km毎に配置されたエイドだが、この看板を見つける度に、「もう少し頑張ろう」と ぽり雄は勇気づけられた。

初めてのウルトラマラソンにこの大会を選んで良かった・・・ぽり雄は心底そう思った。

70km~・・・

2番目の関門である本栖湖近くの県営駐車場を折り返し、ぽり雄は再び湖を目指した。

今度は今まで走ってきた湖の対岸を走ることになる

ぽり雄は、この頃になるとスタミナ切れとは違う・・・他の変調が体にきたしているのを感じていた

屈伸をすると脚の筋肉そのものに激痛がハシる。
もともと痛めていた腰にも張りを感じる。

10時間近くを走り、体の負担も相当なものになっているようだ

しかし、そんな時にも ぽり雄の支えになったのは素晴らしい景色だった。
f0055614_0101747.jpg

同じ湖でも、対岸を走るとお日様の光が反射して輝いて見える。
f0055614_0104269.jpg

トンネルに入ると、行きは逆風だったけど帰りは追い風が吹き抜け・・・気持ち的には楽に感じた。
f0055614_011526.jpg

80km~・・・

再び河口湖湖畔を走る。

河口湖は入り組んだ形をしており、富士五湖の中でも周囲の長さは最長を誇るという
f0055614_0115651.jpg

遠い向こう側に見える岬を眺めては「あそこまで走るのか」と ため息をつき・・・岬を越えては先に見える想像以上にへこんだ岸辺を見て「冗談はやめてくれ」と落胆してみたり・・・。

今となってはいい思い出(!?)だが、「あと20km」という現実が、ぽり雄の走りを支えた

90km~・・・

河口湖を離れ、いよいよゴールのある富士北麓公園に向かって走る。

眼前に見える大きい富士山を見ながら、ぽり雄は走ったり歩いたりを繰り返す。
f0055614_0134060.jpg

数時間前・・・同じ道を走っているとき、ぽり雄は既にへばっていた。

当時はとても先のことなど考えられる余裕なんてなかったのに、現実には今こうしてここまで来れている

やればできるのだ。

そう思える自分が、少し誇らしかった。

「頑張ってくださ~い!」

道行く車の中から、時折子供達が声援を送ってくれる。
ぽり雄は手を振り返した。

ありがとう・・・ゴールまであと少し、頑張るよ!

95km~・・・

やがてコースは町中を外れ、林の中へ・・・。
富士山の麓にあるゴールへたどり着くには、ひたすら斜面を上らなければならない
f0055614_0142078.jpg

延々と続く斜面。
脚にはもはや、この斜面を駆ける力は残されていない・・・。

たとえ歩いてでも・・・先に進めば必ずゴールできる!

それだけを思い、先へ進んだ。

日はだいぶ傾き、森は暗くなっていく。
しかし眼前に見える富士山だけはハッキリと輝き、ぽり雄の脳裏に焼き付いた。
f0055614_0145113.jpg

今まで、この山にどれだけ励まされたことだろう・・・

よし!

ぽり雄はついに斜面を上りきった。
残り1kmあまり・・・ゴール地点までは緩い下りになる。

最後は・・・走ろう!

ぽり雄は、ぎこちなくも走り出す。

ズキン、ズキン・・・。

脚を踏み出すごとに痛みがハシるが・・・ここは我慢だ!

実際、ここに来るまで「何故走っているのか」と何度も疑問に思ったりもした。

でも辞めずにここまで来た・・・ここまで来れた。

大きな喜び。

その喜びが、体にハシる痛みを押さえつける。

ゴールのある富士北麓公園に入ると、皆が拍手で出迎えてくれた。

ありがとう・・・ほんとにありがとう。

なんだかやたらと拍手が心に染みた・・・



競技場の中に入り、先のゲートにゴールテープが張られているのが見えた。

早朝まだ暗い中を走りだし・・・十数時間走り続け・・・どれだけこの光景を見るのを待ち望んだことだろう

腰に怪我をして、なお大会に強行出場し・・・どれだけこの光景を夢見たことだろう


その光景の中を・・・今・・・走り抜ける!
f0055614_0153168.jpg

ぽり雄は、テープを切った。

タイムは12時間54分。

ゴール後、係の人が ぽり雄の肩に大きいタオルをかけてくれた

暖かい・・・。

タオルに顔をうずめ、ぽり雄は初めてのウルトラマラソンが終わったことを実感した



まもなくして日は落ち、空が赤く染まっていく。
f0055614_0155372.jpg

ぽり雄は思う。

終わったけど・・・終わりじゃない!

ぽり雄はこれから先も、ずっと走り続けるだろう。

そんな中、ウルトラマラソンは走り続けるための課題を・・・今の ぽり雄に何が足りないのか問題を提起してくれたような気がする。

これだけ走って、なおかつ走る気になるとは驚きだったが・・・

もっともっと走って体調も万全にして、もう少しマシな状態になったら・・・また走りに来るよ

富士山!

ブログランキング参加中。
ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです♪
[PR]
# by porio25 | 2008-05-09 00:37

チャレンジ富士五湖完走記3

ぽり雄が参加した「チャレンジ富士五湖」は、山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖の5湖を回り112kmを走る「チャレンジコース」、本栖湖を除いた4湖をまわる100km「レギュラーコース」、さらに最初の山中湖を除いた72km「ビギナーズコース」の3つの部門に分けられている。
f0055614_191754.jpg

今回ぽり雄が走るのは100kmのレギュラーコース。

レギュラーコースはまず、スタートしてから最初の湖である山中湖まで延々と下り基調の道が続くことになる。

実のところ100kmを走るにあたり、ぽり雄はいくつか作戦を考えていた

ゆっくり走って制限時間ギリギリで完走を果たすか、前半である程度飛ばして後半に余裕を持たすか・・・。

どちらを選ぶかは、実際に走り出したとき、腰の状態をみて判断しようと思っていた。

そして結局どうしたのかというと・・・腰はある程度問題なしと判断し、前半はキロ6分のやや速いペースで走り続けることに決定!

ぽり雄はゆるい下り坂に身をまかせるようにして走り続けた・・・。

10km~・・・

・・・見えた!

やがて視界が開け、最初の目的地である山中湖に突き当たった。

f0055614_19182570.jpg


天気が良い時は、遠く対岸まで見渡すことのできる山中湖であるが、当時は靄が深く真っ白な世界に包まれていた

ぽり雄は靄の先に霞んで見えなくなりそうなランナーの背を追うようにして走り続ける。

山中湖の周囲は一部を除いて比較的平坦なうえに、遊歩道が綺麗に整備されいた。

f0055614_19184337.jpg


なんて走りやすいところだろう!

湖一周で約20kmだと話に聞いたこのコース・・・見たところランニングの練習コースにもってこい。

気分よく走っているといつしか靄も晴れ、薄日が射してくるようになっていた。

やがて、大会の関係者であろうか・・・仮装の集団にコースを促され、ぽり雄は山中湖を後にする。

30km~・・・

次に目指すは河口湖・・・であるが、実のところ湖にたどり着くには、けっこうの距離がある。

しかしそこは湖の周りを走るのと同じくらい景色を楽しめるポイントがあった。

たとえばココ。
f0055614_1919496.jpg


富士桜を始めとして、コース沿いに様々な色の花が咲き乱れる

f0055614_19191428.jpg


そう・・・ココは標高が高いせいか、大会の開催されるこの時期が、一足遅れて春真っ盛りになるのだ!

ここを走る頃になると空はすっかり晴れ渡り、ぽり雄は春独特の花の香りがする空気の中を、爽快な気分で走ることができた。

・・・思い返せば、この頃が一番調子が出ていたような気がする。



ところがキロ6分のペースを守り続け、だいぶ貯金もできた・・・と思った矢先。


「はい、ここの信号で5分間止まります!」

誘導員の人に走るのを制止されてしまった。

ええ~!?5分も!?

・・・そう。この大会は交通規制がされていないのだ
信号は守らなければならない。

でもよく考えてみれば、最大14時間の道程のうち5分間なんて微々たるもの。

ぽり雄はストレッチをしたり、近くにあったエイドに引き返し飴を食べまくったりと気ままに待ち時間を過ごした。


やがてコースは、幹線道路に沿って歩道を走る形になる。
ところがこの歩道・・・車両引き入れ用に設けられた段差が多く、けっこう脚にくるのだ

思えばここに来るまで35kmは走っているのだ・・・普段ならこの辺りから苦しくなってくるところ。

・・・おや!?

その時、突然脇道からゼッケンをつけたランナーが合流してきた。

ゼッケンナンバーは3000番台以上・・・72km部門のランナーだ。

f0055614_19194242.jpg


遅れてスタートした72km部門のランナーは別ルートを辿り、これから先は100km部門のランナーと同じ道を歩むことになるのだ。

そしてよく見るとゼッケンが100番台である先に出発した112km部門のランナーも周囲に垣間見える。

なんだか仲間が急に増えたみたいで嬉しい・・・

ようし、みんな頑張ろう!


40km~・・・

このころになると、だいぶ疲れが溜まってきた

それもそうだ・・・フルマラソンなら本来、ゴール間際の一番つらい時期なのだから・・・。

整然と綺麗にタイル舗装されている歩道を走り続けると、先に大きな橋が見えてきた。

河口湖大橋。

河口湖の端に架かる大橋だ。

やっとついたぁ!

橋の上から見る河口湖は絶景だった。

f0055614_19214694.jpg


湖の色は、ぽり雄が住む東京の川の緑色とは違う・・・濃い藍色から薄い水色まで、水彩の絵の具を幾重にも重ね塗りしたようなグラデーションのかかった青色

しかも透明度の高い水を通して大きな魚が泳いでいるのが見える。

この環境の良さ。
大会でなければ、湖の周りで遊んでいたいところだが・・・後ろ髪を引かれるようにして、ぽり雄は橋を渡った。

f0055614_19221410.jpg


疲れた・・・

橋を渡ったところにあるエイドで補給をしていると、ぽり雄は急に疲れを感じた。

もうフルマラソン以上は走っているだろう・・・でも実際にはコースの半分も進んでいない

う~・・・。

しかし河口湖に沿って走っていると、またひとつ ぽり雄は絶景に遭遇する。

あれは・・・富士山!
f0055614_19224632.jpg


富士山!富士山!

ぽり雄は連呼した。

これまでは背にして走っていたため富士山が見えるのに気が付かなかった。
今朝の雨を見て、ぽり雄は大会でこれほど見事な富士山を見れるとは思っていなかったので、余計に嬉しく感じた。

f0055614_19231411.jpg


次に目指すは2番目の湖、西湖。

しかしまだ、その手前に50kmの関門も通過しなければならない・・・。

(続く)


ブログランキング参加中。
ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです♪
[PR]
# by porio25 | 2008-05-06 19:44

チャレンジ富士五湖完走記2

ウルトラマラソン。

このような過酷なレースに参加する人達は、はたして何を思い挑もうとしているのだろう



早朝4:00・・・
強者達はスタート地点である富士北麓公園に集まってきた。

会場に向かう暗い階段をランナー達はゆっくりと上っていき、光の中に吸い込まれていく・・・。
f0055614_113053.jpg

あの先には、いまだ ぽり雄が知らない世界があるのだ・・・

4:30・・・
112kmの部、スタート。
f0055614_1133310.jpg

ぽり雄が参加する100kmコースよりも長い、112kmを走るランナーのスタートが切られる。
皆、気合が十分だ・・・。

4:55・・・
緊張感を胸に、ぽり雄はスタート地点へ。
f0055614_1141516.jpg

不思議な感じだ・・・こんなに朝早くから一日を通して走ろうとしてるなんて。
まるで夢でも見ているような・・・妙な感覚が ぽり雄を包んだ。
しかし周りのランナーの決意をこめた表情を見ているうちに、ぽり雄の中に現実感が高まってくる

そうなのだ。
ウルトラマラソン・・・今まで ぽり雄が経験したことのない過酷なレースが間もなく始まるのだ

いけるのか!?・・・本当に走りきれるのか!?

これまで続けて走ったのは最長50km・・・でも今回はその倍。
これまで連続で走ったのは最長6時間・・・でも今回はその倍。

フルマラソンの後は、しばらく立てなくなるほどのダメージを負う ぽり雄。
しかし今回は42kmを走ってなお、全体の半分も距離を走っていないことになる。

しかも今、ぽり雄は腰に爆弾を抱えているのだ・・・

大きな不安感。

走る前から、ぽり雄はそんな気持ちと戦っていた。


そして午前5:00・・・

気持ちの整理がつかないうちに、ついにスタートが切られた!

まずは走るしかない!・・・前へ、前へ。


弱い雨・・・濡れた路面。
そしてまだ薄暗い中・・・道端には照明が、点々と輝いて見える。
f0055614_116153.jpg

あぁ・・・何だかまだ夢を見ているみたいだ。


・・・。


・・・。


大丈夫。
腰の痛みもない・・・足もいつもどおり動いている・・・。

走りながら体の中のひとつひとつのパーツを確認し、ここにきて ぽり雄の冷静さが戻ってきた

・・・よし!


勇気。

腰を痛めてからここしばらく忘れかけていた、一番大切な気持ちをやっと思い出した
ぽり雄は今まで、気持で負けていた・・・。

これから先どうなるかは分からない・・・でも、ぽり雄は先にある世界を見てみたい!

だから・・・走ろう!

その世界は、このコースのようにまだ白い靄に包まれて見えないけれど・・・きっと素晴らしい感動を与えてくれるに違いないと思った
f0055614_1175093.jpg

ぽり雄は最初の湖である山中湖へ向け、富士のすそ野を駆け下りていった。

(続く)

ブログランキング参加中。
ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです♪
[PR]
# by porio25 | 2008-05-03 11:11