ぽり雄の通勤ランニング

porio.exblog.jp
ブログトップ

雪道の通勤ラン

今日は月曜日。通勤ランをどうしようかちょっと迷った。
昨日は一日中天気が良かったおかげで雪が溶け、アスファルトの路面が顔を出しているところも多い
ええい、行ってしまえ!ただし氷の上を歩くことになるかもしれないから、いつもより早めに家を出よう。・・・こんな日にも走ろうとは我ながら物好きだと思う

やはり道は凍結しているところが多かった。そろりそろりと足を前に出す。
少し車の多い通りに出た。タイヤの「轍」の部分は氷が溶け、路面を見ることができる。

車が来ないときを見計らい轍の上をダッシュで駆け抜け、車が近づくとそろりと脇に寄る・・・。その繰り返し。
よくよく考えてみるとこんなことをして怪我でもしたら、いろんな人に迷惑がかかるな・・・後悔が頭をよぎった

今日の通勤ランは、いい経験になった。
[PR]
# by porio25 | 2006-01-23 00:53

雪道に滑る

雪はやみ、空はすっかり晴れ上がった!
辺りは光に包まれた銀世界である。あまりの綺麗さに思わず外へ写真を撮りに行ってしまった・・・(^_^;)

昨日はあんなに雪に対して憂いていたのにね。
これはさっそく出かけねばと、葛飾図書館へ本を借りに行くことに決める。
しかし図書館への道程が相当険しくなっていることを、この時は知る由もなかった。

家を出たのは昼過ぎ。道端の雪はすっかり踏み固められている。そう、まるでスケートリンクのように・・・
すべるすべる!笑っちゃうくらいすべる
ぽり雄の歩きはこんなに安定していなかったのだろうか。
こんなのでは走るなんてもってのほか。瞬く間に大怪我だ。

歩きをいろいろ工夫してみた。
腰から歩いてみたらどうだろう・・・なんかモンローウォークみたいであやしいぞ
結局倍の時間と労力をかけ、やっと図書館に着くことができた。ふう・・・

そうそう、いつも走っている江戸川土手にも行ってみた。(下の写真)
なんと走っている人がいる!なぜこの人はこんなに安定して走れるのだろう!?
もしかしてバランスのいい走り=理想のフォームの走り・・・なのかもしれない。
いつか氷の上で練習してみようかな・・・無理無理(^_^;)
f0055614_1737465.jpg

[PR]
# by porio25 | 2006-01-22 00:50

ガムが鳴る

今日もいつもどおりに朝、家を出て走りだした。
しかし、走っていると徐々にリュックの中で何か音が鳴り出す
「ゴッゴッゴ・・・」
何の音かはなんとなく想像がついた。いつもリュックに入れないでいて今日たまたま中に入れたもの。
お菓子だ・・・たしか、「こんにゃくゼリー」を入れたはず・・・
実は仕事で小腹がすいたとき たまにお菓子に手をつけるのだが、安売り店で仕入れたものを大量に仕事場に持ち込むことがあるのだ。

この程度の音なら大丈夫かな・・・となお走り続ける。
「ジャラン!ガラン!ジャラン!」
急に音が大きくなった。これではすれ違う人が皆、こちらを向いてしまう

たまらず立ち止まりリュックの中を空けてみる。
「こんな音をする物 入れたかな?」
・・・これだ。出てきたのはプラスチックケースに入った粒ガム100個パック。そういえばこんなのも買ったっけ。
しかし、はたと困ってしまった。これを鳴らさずに走るにはどうしたらよいのだろう?
まだ家にいる時なら対処のしようがある。しかしここは天下の公道。あたりには店もなにもない。

考えたあげく、結局ガムの容器は手に持って走ることにした
しかし、早朝からガムの詰め合わせを手に握り締め一心不乱に走る男・・・客観的に考えるとかなりあやしかったかもしれない。
[PR]
# by porio25 | 2006-01-19 00:46